日曜日は知人の結婚式に行って来ました。
と言っても、ゲストとしてではなく、通訳として。

オーストラリアで知り合った新婦(日本人)と新郎(オーストラリア人)。新郎は日本に住んだ事もないし、日本語は勉強しているとはいえ、そんなに理解できるわけではない。勿論新郎の家族も、日本語なんてさっぱり分かりません。新婦の家族、親戚、友人などなども、多少英語が分かる人はいても、誰か通訳がいないとダメ・・・・
という事で、私が朝から披露宴が終わるまで、新郎の家族のお世話をしたり、スピーチやらを通訳する事になったわけです。

(↓まずは和装で登場した二人・・・)
thecouple2.jpg


二人ともオーストラリアに住んでいながらにして、日本で披露宴を行う・・・というのは、通常の披露宴よりも打ち合わせやら何やらに費やした時間が少ないわけで、その分結構大変になってしまいます。
新婦さんは何度か日本に帰ってきては式場のスタッフと打ち合わせをしていたようですが、これって大変だよね~。日本に住んでいても大変なのに。

それに、オーストラリアから彼とその家族がやって来るということは、彼らのお世話だってしなきゃいけないんだから、新婦さんはきっと物凄く大変だっただろうな~。。。

(↓次はカラードレスにお色直し)
thecouple1.jpg


何か、私も式前までは色々忙しかったな~。とか、でも楽しかったな~・・・とか、色々思い出しながら一日を過ごしました。
私たちと違って、新郎新婦はこれからもオーストラリアで暮らす事になっています。それを見送る家族・・・特にお母様がちょっと寂しそうにされていて、私もジーンと胸が熱くなりました。悲しい

(↓美味しいケーキと、二人のように寄り添うコアラ)
koalas.jpg


さて、通訳の方はというと、新婦さんが忙しかったため、原稿を用意して・・・という事は結局できず、全てぶっつけ本番になりました。
しかも新郎のお父様が、花束贈呈後に一言・・・という事に急遽なって、その一言が結構長かった・・・困った
けど、それまでに色々とお話しする中で色々聞いていたので、問題なく通訳できた・・・と思っています。
何よりも、ご家族が楽しんでくれていたようで、安心しましたダッシュ

先ほど空港からわざわざ電話いただきました!!
もうオーストラリアに帰っちゃうんだって。いやいや、大変だよね。本当に。
国際結婚って色々と大変なこともあるけど、二人ならどこでも幸せにやっていけるでしょう。
本当におめでとうございました!!!拍手

それから・・・。
このカップルの披露宴会場、実は私たちと同じで、もう2年半前になるんだけど、まだスタッフの方たちが覚えてくれていました。
「お二人のパーティは今でも皆が楽しかったと話しています」
とか、
「ご主人を○○で見かけるんだけど・・・」
とか言われて・・・(もしかしたら、「変な歩き方だ」とか思われてたりして?困った
そして、最後にボジョレヌーボーグラスを1本頂きました音符
いや~、良い1日だった!!