22日は、お友達のカズちゃんの結婚式に行って来ました。
PUPは実家の両親に預け、honey君と電車に乗って長野へ・・・。
honey君は二次会からの参加になるので、長野市をブラブラすることにし、私は会場へ向かいました。
真夏のように暑くて、天気も最高な結婚式日和!!でした。

カズちゃん、きれいだったな~ラブ
そして、ご主人はスコットランド人。正装であるキルトを着ていて、彼の家族や友人の男性陣もキルトで登場!!
(↓もう記者会見のように・・・)
press_conference.jpg

私はMatron of honour(花嫁付添人)をさせてもらったので、人前式のcertificateに署名をしたり、カズちゃんのブーケを持ってみたり・・・そしてスピーチもさせて頂きました。
いや~、案の定泣いちゃったね悲しい
だって、カズちゃんが泣いてるんだもん。
日本語と英語でスピーチをしたのだけど、ご主人の家族も泣いてたみたい。
やっぱり結婚式は、一度は泣く場面がないとね。(って、私はもう朝からカズちゃんのママと話して泣き始めてたけど)

カズちゃんのパパが万歳三唱したり、最後に「蛍の光」(Auld Lang Syne)を皆で歌ったりして、日本とスコットランドの両方を取り入れた、温かで素敵な式&披露宴だったな。
*蛍の光は、スコットランド民謡で、大晦日や結婚式の最後に歌われるそうです。皆で手をつないで、大きな円を作って歌うんだって。日本語の歌詞とは違うそうです。
(↓みんなで大きな輪を作って、手をつないで、日本語と英語で歌いました)
auld_lang_syne.jpg


みんな、結婚式に行くと、「いや~、いい式だったよ」って言うけど、本当にそうなんだよね。皆が幸せだし、良いバイブが伝わってくるというか。
カズちゃんは私にとって妹みたいな存在でもあって、本当に感無量だった。
ご主人の家族も友達も、物凄い良い人たちばかりだった。
類は友を呼ぶって本当だなぁ・・・と実感したりして。

そう言えば、今まで私が会ったスコットランド人って、いやな人が一人もいないんだよね~。まぁ、友達の友達とか、家族とかが多いからそう思うのかもしれないけど。
こうやっていい人に会えると、その国の印象もぐ~んと良くなるよね。私は益々スコットランドが好きになりました。
カズちゃん、本当におめでとう!!!
これからもよろしくね!!